スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月23日から27日  曇り時々雨 ジョホールバールのあらまあ!の日々

 マレーシアの日々にはあらまあ!のことがたくさん。
 ジョホールバールのダンガベイマリーナは、新装改築なって新オープンのためタダ!という謳い文句なのですが、実際には新装改築工事中で、そのためタダでもいいという感じ。たくさんのヨットが停泊していて日々増えています。真新しい浮き桟橋ははだしに気持ちよいのですが、クリートは半分くらい取り付け中、水は来ているけど電気はまだ、トイレは何とか使えるけれどシャワーは配線中、ゲートは取り付けたけどゲートに通じる道路は工事中、という感じで、連日たくさんの労働者がワサワサしています。でも遅れを取り戻そうと休日返上でよく働いていて、日々少しずつ完成に向かっています。おもしろいなぁ。
 インドネシアラリーの間に仲良くなっていたヨット「バリフー」のルーシーは、シンガポールにお姉さんが居ると話していました。バリフーでは最近、冷凍庫、冷蔵庫に続いてエンジンのトラブルに見舞われ、「こんな不便なヨットの生活はもう耐えられない!」とロバートと大喧嘩。ついに私物をまとめて、タクシーを呼んで、周りのヨットにさよならを言って、家出ならぬヨット出を果たして、出て行ってしまいました。彼女いわく「追い出された」だけど、実際には「飛び出した」ようです。あらまあ、本当にでていっちゃた。ロバート寂しそう。
 このマリーナは長期滞在のヨットが多いからか、アジアのこのあたりが貧乏ヨットの天国だからか、小さい子供の乗っているヨットをたくさん目にします。2歳と3歳の女の子2人が、デッキで膨らましたプールで水遊びしているカタマラン、4歳の長男と2歳の双子の弟の赤ちゃん3人組がデッキを走り回っている保育園のようなヨットが特に目を引きます。すごいなぁ。親の苦労がしのばれて、頑張れ~と応援したくなります。
 このマリーナには、日本人の片腕のソロセーラーのヨットが停泊していました。航海中に何度も噂で聞いていた有名ヨットマンとついに対面なるか、と思われましたが、現在は船だけ置いて帰国中とか。あらまあ、またしてもニアミスかぁ。
 ニライの翌日に近くに入ってきたヨットには、NZ人のだんな様と、日本人の奥さんと3人の男の子(16,12,9)が乗っていました。「ティアレ」のひろみさん。あらまあ、偶然。日本語でいろいろおしゃべりが出来るのはうれしい限り。それにしても、日本人の親族知人からは、たぶん「子供を学校に行かさないでヨットで生活するなんて」と言われると思うのだけど、みんなとても楽しそうに頑張っています。頑張りすぎずに頑張って~!それにしても相変わらず、元気な日本人女性に出会うなぁ。
 ひろみさんたちが買い物に行くからと一緒に連れて行ってくれたのが、なんとジャスコ!マレーシアにはジャスコが何店も展開しているそうで、たいていの日本食材が山盛りに揃う。あらまあ、なんてうれしい驚き。
 ひろみさんから、マレーシアに居る日本人のヨットの話を聞きました。それがなんと!古い知り合いのカナダ先生のヨット「ラー3世」。マレーシアのどこかに居るとは知っていたけれど、何処に居るのだろうねと、メールアドレスを教えてもらって、連絡を入れると、即返事が返ってきた。なんとすぐ近くのマリーナに停泊していて、あと数日すると日本に一時帰国との事。あらまあ、何たる偶然。すぐ会いに行って、旧交を温める。散々しゃべって飲んで食べて、あー、面白かった。縁のある人とは縁があるものだと感激。
スポンサーサイト

10月20日から21日 曇り時々雨 インドネシア、バタム島

ノングサポイントマリーナには、シャワーもランドリーもレストランも、周囲に花の咲き乱れたプールもあって、とっても快適。インドネシアの村々から考えると全く別世界。周りのヨット乗りと「こんなにキレイなところだとは思わなかった。」と感激仕切り。
マリーナがインドネシア的ではないだけでなく、バタム島自体にシンガポールから頻繁に連絡フェリーが着くので、シンガポールの方に感覚が近いのか、ショッピングセンターやアパートメントハウスが西洋的で、あちこちたくさん新築工事中。いままでの3ヶ月滞在した場所とは違う国のよう。
10/20は結婚記念日。まさか(?)の20周年。おめでとうございます。よく我慢しました(?)とレストランにて乾杯。豪勢にステーキなんて食べて満足、満足。

10/22 マレーシアへ

早朝ノングサポイントマリーナを出て、約50マイル離れたマレーシアのジョホールバルに向かう。
地図を見ればわかるけど、目の前のシンガポールをぐるっと回ったマレー半島の南東の町がジョホールバルです。夕方までに着きたいので、今日は最初からガンガン機帆走で飛ばします。ニライでは滅多にお目にかかれない2500回転。
曇っていて視界が悪く本船往来の激しいシンガポール近くを走るのは気を使います。東京湾よりもパナマの沖合いよりもたくさんのタンカーや自動車運搬船がひしめき合っているので気疲れしました。
シンガポールの西を回りこんで、シンガポールとマレーシアを結ぶ西の橋を[マストがぶるかる……!]とふざけながら、(25mあるので実際には余裕があってヨットのマストはぶつかりません)くぐって水路に入ったところからは本船はいなくなりましたが、かわりに国境監視船がたくさん並び出しました。たいくつそうな仕事だなー。
夕方にダンガベイマリーナ(01.28N 103.43E)の桟橋に滑り込んでもやいを取る。これにて3ヶ月に渡ったインドネシアラリーは無事終了となりました。

10/18~10/19 晴れ時々曇り  バタム島へ

夜中に赤道を越えて久しぶりに北緯に入った。赤ワインをポセイドンと分けあって飲む。これからも安全な航海でありますように。南東の風弱く機帆走。
リアウ水道に近づくとさすがに船の往来が多くなった。水道を昼間に抜けたいので入り口で一晩アンカリングすることに。夕方前にパンギールの泊地(00.42N 104.27E)に到着。こじんまりした漁村の前に一夜のわらじを脱ぐ。漁船の形がまた変わった。和舟のようなしっかりした平らな船尾を持つ船であまりカラフルではなくなった。島によって船の形ががらりと変わるのが面白い。
早朝アンカーを上げ、リアウ水道を逆潮に負けずに北上し、14時過ぎにバタムの北端、ノングサポイントマリーナに着岸。(01.12N 104.06E)
ここはインドネシアというよりシンガポールの飛び地的リゾート&マリーナで、とてもきれいで西洋的。こんな立派なマリーナがインドネシアにあるとは快適な驚き。
ラリーのヨットがほかに4隻泊っている。明日にはもっと増えるかな?

10/16~10/17 晴れ  バタム島への航海

早朝にベリテンを出て330マイル北西のバタム島をめざす。インドネシア最後のレグ。
昨日20隻ほど出航していったけれど、今日は残り40隻あまりのうちほとんどが出航する模様。夜が明けると同時に次々とアンカーをあげて出ていき泊地はすっかりさびしくなった。南の風10ノットでのんびり帆走する。さすがに赤道直下、昼間は暑くて汗が止まらず、ワッチオフとはいえなかなかのんびり寝ていられない。夕方もまだまだ暑くて夜中過ぎにようやく涼しくなる。この間の寒いような気候はどこへいったのだろう。
10/16正午位置02.15S 107.24E
南東の風10ノット前後。夕方から風がおち機帆走。岩ツバメが一羽、一夜の宿を借りにきた。月の沈んだあとは満天の星になり、天頂にはオリオン。
10/17正午位置00.52S 106.05E

10/10~10/15 晴れ時々雨  ベリテング島

ベリテンの泊地は、インドネシアラリーに、たいへん力が入っています。
浜には一日中テンダーボーイが5.6人、ガイドが5.6人、燃料係が2.3人、車が5.6台待っていて、特設舞台では常に音楽かパフォーマンスをやっていて、ポリスもイミグレもテントを張って詰めているという徹底振り。人的資材の投入ではラリーの泊地のうちでは一番でしょう。泊地も最終的に70隻ものヨットがアンカーリングできる広さがあり、海水は透明で浜は白くきれいで、大きな岩がゴロゴロしている眺めの良い景観とあいまって、居心地の良い泊地です。唯一の欠点は街まで40分かかること(インターネットが超遅いのも泣き所)
 街の安食堂のミアヤム(鳥ラーメン)がとってもおいしくて感動したり(一杯約70円でインドネシアで食べたものの中で一番おしいかったかも)一日ツアーに参加したり、シュノーケリングしたり(巨大岩の水路を抜けるというなかなか面白いシュノーケリングを堪能)フェアウェルパーティでたくさんの人と語らったりと、ラリー最後の公式泊地でのんびりしました。
ニライのこの後の航海はバタムのマリーナに寄るだけで、インドネシアは終わりです。
3ヶ月のラリーは長いと思っていましたが、あっという間だったような感じ。

10/7~10/9 曇り時々雨  ベリツング島へ

朝一で最後の買物をしてから、260マイル北西のベリツング島に向けて出航。と思ったら、オイル漏れが発覚。場所が不明なので様子を見ながら走ることにして、予定より1時間遅れの8時半過ぎにアンカーを上げる。まだ残っている引き潮に乗って河口を越る。
南の風10ノット前後で快走。夕方にはオイル漏れの詳細が判明。一次フィルターのドレーン抜きプラグが割れて漏れていた。エポキシのパテを当てて修理。無事止まる。これで交換可能なシンガポールまでは十分持つだろうとのこと。一安心。
10月7日正午位置  02.60S 111.40F
夜中から風が落ち、南の微風。機帆走。一日中周りでたくさんの漁船を見かける。昼間は休んでいるらしく水深30mラインにアンカリングしている。夜になると雲の厚い月のない夜にもかかわらずたくさんの漁船の灯りで海中が明るい。すごいなあ。
10月8日正午位置  03.06S 109.55E
赤道直下なのに、夜や朝方は寒いほど。気候的には蒸し暑い日本より過ごしやすいのでは?と思う。向かい潮が1ノット近くあり、明るいうちに到着できるように、機走のスピードを上げる。その後風が吹き出したものの、これまた意地悪にも進行方向からで、さらにエンジンの回転速度を上げる。ニライでは珍しく2300回転で突っ走る羽目に。
がんばった甲斐があって、日の沈む直前、17時半に何とかベリツングの泊地(02.33S 107.41E)にたどり着く。さすがに最後の公式行事のある泊地。すでに30隻ほどのヨットがいる。暗くなる前に到着できたので、おめでとうの乾杯。

10/4~10/6 曇り時々雨  カリマンタン クマイにて

クマイは、鳥の声に満ち溢れた倉庫の街、と思ったのですが、これはまちがい。窓のない大きな建物は、倉庫ではなくてなんとツバメの巣なのです。岩ツバメの巣は、中華料理の材料として高く売れます。
その巣をとるために街中に大きな大きな建物があるのです。(昔は家の2階にツバメ用の場所があったけれど、今は家より大きい)ツバメの鳴き声が満ちあふれ、空中に小鳥が飛びかっているのは、そういうわけでした。ちょっとビックリ。
ニライではアンカーブイをつけておくことが多いです。クマイの泊地でもアンカーブイを入れていましたが、それが災いして下げ潮の激流でアンカーが流れました。ブイそれ自体がアンカーを引きあげたのです。すぐに上げてちゃんと打ち直しましたがビックリ。後に余裕のある場所でよかった。潮流のとっても強い場所ではアンカーブイの使用は問題だということがわかりました。今まで知りませんでした。
クマイのメインは一泊二日のジャングル観光。目的はオランウータンを見に行くことで、セコニエルリバーを宿泊のできる中型船で遡って、オランウータンの住んでいるカンプリイキイまで行くのです。
この船旅が想像以上に快適でした。デッキに寝転がりながら、野生の猿や鳥を観察し、狭い川を行き来する同じような観光船に手を振り、船にいながら森林浴をし、船のキャプテン、コックさん、ガイド、雑用係と4人が船で働き、そのうえ、ニライの留守番には安全のためのボートボーイがデッキにいるという。人件費の安いインドネシアならではの贅沢です。(これが標準のやり方)
国立公園の係りの人が毎日決まった時間に餌を決まった場所におくので、その時間に行けばほぼ確実にたくさんのオランウータンを見ることができます。とはいえ森からやってきたオランウータンたちをすぐ近くで見ることができるのは感激です。ボス猿の巨大な姿は迫力があり、子供を連れたメス猿たちは愛嬌があり、赤ちゃん猿はかわいらしくて、猿を見るというよりまさに[森の人]に会ったという感じでした。
船の上からは野生のオランウータンが川岸にいるところも見れました。その上、ラッキーなことに、野生の天狗猿にも2回会うことができました。巨大な鼻がまさに[シラノデュベルジュラック] のようなオスでした。これには感動。
クマイとっても楽しかった!

10/1~10/3 曇り一時雨  カリマンタン島へ

東南東の風15ノット前後、ポールを出してきて観音開きにし、予想よりずっと快適に帆走。10月1日正午位置05.46S 113.22E                     横揺れが大きいし、クマイ川の河口への到着時刻が明け方なのが望ましいので、1ポンを入れて少しスピードを落としながら走る。
夕刻さらに2ポンを入れて時間調整。ヨットが一隻追い抜いていく。浅生さん曰く[あんなに急いでもしょうがないのに]
10月2日正午位置04.04S 111.58E 
それでも速すぎるので、明け方2時間ヒーブツー。夜明けとともに浅瀬を交わして入港路に乗る。ブイとGPSチャートは、河口までは正確だったものの、途中からブイがなかったりチャートがブレたりしはじめ、ここは初めての入港で夜間入港は無理。潮に合わせて川を遡り、昼過ぎにクマイの街の前の泊地にアンカー(02.44S 111.44E)
ヨットが20隻以上いる。潮の流れがとっても強い。クマイは茶色い水の流れるジャングルの中の川沿いの街。ここはオランウータンのふるさとです。

9/29~9/30 晴れ時々曇り  カリマンタン島へ

夕方5時過ぎに鳥毛さんたちの見送りを受けて、プメトランを出航。目的地は385マイル北西のカリマンタン島のクマイ。
出航時には弱かった南風が夜の9時過ぎに20ノットまで吹き上がる。明け方には風が落ちてこれが今回の一番強い風だったかも。
夜が明け、視界が戻るとヨットが2隻見える。一隻はジャワ島のほうに向かうらしく西に消え、もう一隻は同じクマイ方向らしいけれど、がんばって帆走だけで走っているので、ニライがエンジンをかけて機帆走している間に後方へ見えなくなる。
弱い南東風を受けて、観音開きでそろそろ進む。充電以外はできるだけエンジンをかけないようにしているので、2ノットか3ノット。これでは歩くほうが速いともいう。風が弱いと暑いよー。
ジャワ島が近く本船航路も通っているので、いつになく船が多い。夜は見上げると満天の星明り。海面には幾つもの船の灯りでとってもにぎやか。
9月30日正午位置06.49S 114.11E

チャペプチと会合

9/26~9/28 晴れ  バリ島 プメトラン

鳥毛さんたちも一緒にニライに乗ってロビナを出航。
鳥毛さんのピニシー(インドネシア風ヨットのチャペプチ号)の係留してる桟橋が有る、プメトランまで4時間の航海。以前建造を手伝い進水式に立ち会った、長年の懸案だった[チャペプチ]と再会して並んで停泊する。ついにここまで来たという感じ。
ここに鳥毛さんは週末ごとに来てガラスの家(ゲストハウス)を製作中。数年して完成したらきれいなビラになる予定。そのころにまた遊びに来たいものです。
[チャペプチ]のデッキは風が通り抜けてとても居心地が良い。たくさんご馳走になりました。ありがとう&おいしかった。
鳥毛さんがいろいろ面倒を見てくれてのんびりする。すっぱい水は全部取り替えたし、洗濯も済ませたし、大谷さんは現地のマッサージを堪能したし、一番良かったのは近くのミンピリゾートの温泉に連れて行ってもらったこと。日本でも知る人ぞ知るリゾートですが、入場料を払えば温泉だけいれてくれます。花が咲き乱れるきれいな庭のきれいな温泉につかって天国のよう。風邪だの疲れだのが残っていましたが、お蔭さまでさっぱり。
鳥毛さん、みわこさん、本当にいろいろありがとうございました。
これでバリ島の滞在はおしまいです。
いそがしかったけど、とっても充実して楽しかった。

9/23~9/25 晴れ  ロビナ

さすがインドネシアの観光の中心地バリ。どのヨットも期待して公式行事の日程に合わせて集まったらしく泊地はとっても賑やか。
またインドネシア滞在ビザを延長(はじめは2か月分しかくれなかったので)するためにも、ここは便利。私たちも一ヶ月延長ビザを無事受け取りました。
この一週間の過密日程で忙しかった疲れが出て、私たちと大谷さんはかわりばんこに風邪でダウン。夕方の踊りを見るためだけヨットから出かけていくという毎日。ロビナの浜の中心に舞台が設置されていて、毎日夕方になるといろいろな舞踏や音楽を見せてくれる。(但し近くの個人の子供たちとか学校の生徒が踊るので質はいまいち)ありがたいことです。
踊りはやっぱり華やかで楽しいけれど、影絵(ワヤンクリ これはもちろんプロがやりました)は、インドネシア語のセリフがわからないとおもしろくないということがわかり残念。この日は地元の人たちが大挙して押しかけてみんな楽しそうに笑っていました。最初の夜はウェルカムパーティ。最後の夜はお偉いさんたちもやってきてのお別れパーティがあって、こんなに何度も夕食会があるなんてインドネシアラリーの参加は本当にお値打ちです。
私たちがバリの南部からボロブドールに行って来た話をすると、他のヨット乗りたちはみんな興味津々。上手くやったなと羨ましそう。

9/21~9/22 晴れ  バリ島 ロビナへ

スランガンの泊地を出て、ラリーの公式の泊地であるロビナ(バリ島の北部)に向かう。お別れにいった三木さんに沢山のお土産をもらって、恐縮。(そのときいただいた漁船から直接おろしてもらったマグロがすばらしくおいしくて、しばらく絶品マグロ丼を堪能することに)
バリの公式行事ならいろんな踊りなどが見られて楽しそうだし、たくさんのヨットが集まっていそうなので居心地の良かった都会から移動。風がなく潮に逆らって北上するのはなかなか大変でずっと機走。
ふと気がつくと水タンクの一つに入っている水がとっても酸っぱい。え? 新しくいれたばかりなのに? 買った水の中にタンク清掃用の酢が混じっていたらしい。こんなことは初めてで驚く。ロビナで入れられるのでそれまでは他のタンクの水を使うことに。今回は実害がないものの、ロング航海の前でなくてよかった。いろんなことがおきるものだと唖然とする。
9/21 正午位置 08.41S 115.19E 
ロビナには朝の9時過ぎに到着してアンカーを打つ。(08.10S 115.02E)
さすが観光の島バリ いままでで一番たくさんのヨットが集まっている。
その数約60隻。壮観。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。