スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月20日 曇り 「ビバライラ」登場

9月19日の夕方5時過ぎ、翌早朝出港すべく浅生さんは水道のホースをはずし、私はテントを片付け中に、そのヨットはやってきました。でも忙しかったのでしばらくは気が付きませんでした。で、ふと気が付くと、日本語が聞こえる?!なんと井上さんと和泉さんの乗る「ビバライラ」ではありませんか。
コタキナバルに数ヶ月停泊していたことはわかっていたのですが、最近の情報は無く、このまますれ違いかと思っていたのですが、なんと偶然ミリで会えるとは。お二人とはギリシャのサントリーニ島の沖でチャーターヨットに乗っていらっしゃるところをすれ違い、貴重なブイ情報を怒鳴って教えてもらったことがあります。おかげで素晴らしいブイどまりが可能になりました。また日本に一時帰国した折には横浜で一緒に食事をしながら情報交換をしたことがあります。縁のある船や人とはこういうことでしょう。

vivalyla

「イサーク」の二人とさよならドリンク会を計画していたのですが、急遽、「ビバライラ歓迎」のノーさよなら夕食会に変更。ついでに出港も一日延期して、20日はミリの町案内と日本語堪能デーにしました。
「ビバライラ」のファンベルトのサイズが合っていないと浅生さんが指摘、どうやらその通りらしく、ミリの町で新しいベルトを入手して井上さんに感謝されました。彼らからは台湾やコタキナバルの情報をもらい、その上、豪華天ぷら&散らし寿司の夕食もご馳走になってしまいました。ぎりぎりすれ違いにならずに会えてラッキー。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。