スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月9日 クダット到着

9月7日 曇り
12日間滞在した、コタキナバル・ステラハーバーマリーナを朝7時に出港。南南西の風、12ノット前後。機帆走。川の河口で流れ出た水が海の水とくっきりと境目が出来ている場所があって、緑と青の間を走る。ちょっと面白い。
sakaime
ニライではどちらかというとオーバーナイトで走ってしまうほうが好みなのだけれど、ボルネオやフィリピン周辺は無灯火の小さな漁船や魚網やブイが多いので、安全のためデイセーリングで行ける所はいくことにする。一日目には丁度良い距離に良い泊地がありました。34マイル走ってTeluk Usukan の湾奥の集落前に午後2時半アンカー(06.22N 116.20E)。浜辺の砂の上に高床式住宅が並んでいると思ったら、潮が満ちてきて、水上集落になった。
suijyou

9月8日 曇り時々小雨 
朝アンカーを上げ終わって後ろを振り返るとなんとキナバル山がくっきり見えるではありませんか。素晴らしい眺めにしばし言葉を失う。威風堂々。登ることは出来なかったけれど、ここで雄姿を拝めて大感激。
mtkinabaru1
mtkinabaru2
コックピットからはこんな感じに見えました。
出港してから1時間だけ山頂までくっきり見えていたものの、すぐにギザギザの部分は雲に隠れてしまう。
南南西の風15ノット。午後2時にTg.Tonbuluran の北側の浜辺にアンカー(06.52N 116.40E)。南っ気の風によいと思ったのだけど大間違い。風が西よりにシフトし、大揺れ。少し南のAgal bay にしておけばよかった。今までアンカリングした中で一番揺れたかも。やはり沖から波が入る開いた浜の泊地は、ちょっと風が強いと駄目だなぁ。反省。

9月9日 薄曇 
南西の風が午前中は弱く、メインとエンジンでとっととボルネオの最北端をかわす。かわして東側になったた途端海が平になる。さすが。午後から南西風が強くなるとの予報より早く、昼前には15ノット超の風になる。丁度吹き出したころに、クダット到着。クダットゴルフマリーナの内部に入港。ここは作りかけのマリーナを途中で放棄したもので、オウンアンカー、岸からのロングラインを自分のテンダーでとる、というギリシャ以来のややこしいやり方。強くなりだした風の中バタバタしていたら停泊中のヨットからディンギーが助けに来てくれた。ありがたい。でも既にアンカーラインを他船のラインと交差させてしまって打ち直し。その途中で他船のアンカーを少し引いてしまって、本当に申し訳ありません。
でもすったもんだの末に無事アンカー作業終了(06.53N 116.51E)。アンカーもしっかり効いているし、後ろのラインも問題なし。昨日に比べて池の中のように穏やか。よかったよかった。
この人口池?の中には、ヨットは他に7隻停泊していて、そのほかにマレーシア軍の船舶と、漁船と、小型貨物船がそれぞれ固まって舫っている。しかも回りはゴルフコースのど真ん中。変なところだ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。