スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プエルトプリンセサのアバニコヨットクラブ

今ニライが停泊しているのは、フィリピンのパラワン島の中央、プエルトプリンセサのアバニコヨットクラブです。
ayc1
といってもアバニコはプエルトプリンセサの町からは5キロほど離れていて、とっても長閑な田舎の村です。細長い湾の北の端で、周囲を緑の山に囲まれた穏やかな泊地にヨットが10隻ほど停泊しています。
ヨットクラブといっても、海に突き出したディンギー桟橋を持つバー・レストランがメインの施設です。昔イギリスからヨットでやってきてこの地に沈没した(比喩です)ジョンと地元の女性シシーがオーナーで、水や燃料の手配、ブックエクスチェンジ、情報提供を行っています。なんといっても、安全にディンギーを泊めておけるのがありがたいことです。インターネットも通じるので、気持ちの良い風に吹かれながら、ビールかコーヒーを飲みつつ、遅いネット環境を我慢するのがヨット乗りたちの日華です。
ayc2
ayc3
レストランでは普段はフィッシュアンドチップスとかチリコンカルネぐらいしかありませんが、週に一度ビュッフェが行われ(実は値段はちょっと高いのですが)、ヨット乗りだけでなく、近くに定住している欧米人(いるんです。そういう人たちが)が一堂に会します。
ayc4
長居をするヨットが多い泊地です。というか、フィリピンはクルージングの通り道ではなく寄り道コースなので、殆どのヨットがどこか気に入った泊地に数ヶ月どころか数年滞在していることもまれではありません。「急ぐな」がこの辺りのヨット乗りの合言葉みたいです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。