スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/28 ボンボノンの事   晴れ

ニライが今いるボンボノンというところは、ネグロス島の最南端にある入江です。もう何十年も長距離ヨットの強い味方です。理由は全方向から風に安全なこと。底質が泥でアンカーのききが良いこと。場所的に台風の直撃が殆ど無いこと。都会から離れているものの30分バイク、タクシーに乗ればシアトンという村に着くこと。更に1時間ほと離れたドウマゲティはちゃんとした街で、フェリーや飛行機でマニラやセブに簡単にいけること。近くの村人の性格がよく盗難騒ぎなどが殆ど無いこと。そしてもちろんフィリピン全体にいえることですが、生活費が安い。一年中暖かい。英語が通じることなどです。不便といえばかなり不便なロケーションですが、便利さを求めるお金持ちヨットではなく、多少不便でも安く生活できる貧乏ヨットに人気という訳で数ヶ月から数年滞在しているヨットはザラ。さらにはここを終の住処と決めたヨットもあるようです。そしてたくさん停泊しているヨットの中に、日本人の挺が6隻ありました。ソロの中高年の男性が中心。現在挺に人がいるのは3隻。家村さん、中村さん、大野さんがそれぞれ長期に滞在中。こんなに日本人比率の高い泊地は初めての経験。声を掛ければ日本語で返事が返ってくるというのはいいものです。他にはフランス人、ドイツ人、オーストラリア人が多いみたい。湾の周囲の3軒のレストラン(札はカフェ)でそれぞれ曜日を決めてブッフェがあり、そこには各国のヨット乗りが集まってワイワイやっています。昨日は私達も楽しんできました。ボンボノンはなかなか面白いところです。
スポンサーサイト
コメント

ありがとうございました

重捷さま、梨里さま

セブポットの田村です。今日は、大変貴重なお話、ありがとうございました。ブログも拝見させていただき、まだまだ地球上には素晴らしい景色と場所があるんだなとつくづく思いました。おおらかな海と風を楽しめれているんだな~とうらやましい限りです。これからも、素晴らしい景色と人々に会えるといいですね。
お二人の記事、書かせていただきます。
また、会えることを楽しみにしてます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。