スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月12日~19日 稲葉様御一行ツアーその2

たくさんのお酒とお土産と共に稲葉さん一同がセブ島にやってきました。総勢8名。そのうち6名をニライに乗せて3泊4日のクルージングに出ました。とはいえ、ニライにはそんなに寝られないのでお客様は全員全泊ホテルどまりです。

14日早朝、松林ご夫妻のお見送りを受けて出航、のつもりだったのですが、乗船メンバーはそろってもお二人が現れないので、長距離の航海の先を案じた船長から出航命令。ちょうど離岸したところでタクシーから駆け下りてくるお二人を見て、命令撤回。操船余地の少ない港内で浅生さんに舵を切ってもらってタッチアンドゴー。心づくしのお土産を手渡してもらうことができました。辛子明太子、さつま揚げとってもおいしかったです。どうもありがとうございました。そして気が短すぎてすみませんでした。
寄港地は14日ボホール島のタグビラランと15日アポ島。最終目的地はネグロス島南端のボンボノン。
セブに来る途中でそれぞれの泊地に寄って情報を集め、ホテルを予約しながら来たので、気分的には安心なのですが、1日の航海距離がわりと長くて明るいうちにつけるかとか、水深が浅くて干潮時に出航できるかとか、風向きによってはブイから離脱しなくてはならないけどどんな風が吹くかとか、いろいろ心配ごとの種は尽きません。でも案じるより産むがやすし。ちゃんと何とかなりました。どの日もちゃんと明るいうちに着岸したりブイをとったりでき、干潮時でも水深はぎりぎり何とかなり、気温は暑すぎず、最終日にはよい風でセーリングもちゃんとでき、ディンギーでの人と荷物の陸揚げも問題なく、ボンボノンに泊まった後の、セブ島へのバスもちゃんと捕まえられ、驚くほどいろいろとスムーズに運びました。
apo
アポ島での日程がほぼ終了して、一安心する浅生さん

さすが稲葉さんには幸運の女神がついていると再認識。かなりあわただしい日程でしたが、皆様にも楽しんでいただけたのではないでしょうか…。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。