スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月9日~14日 晴れ時々曇り エルニド滞在

ニライが止まっているのはエルニド村と岬の反対側にあるコロンコロンビーチです。こちらは観光客の姿も少なくて、いかにも本来のフィリピンの漁村です。テンダーで浜に上陸するとすぐそばは子供のあふれる掘立小屋で、すぐ近くにエルニドのマーケットがあるのもヨット生活者にはうれしい限り。ここには野菜や果物のほかに肉や魚も売っていて、何でもそろううれしい場所です。
「エルニドのリゾート」という言葉はバブル期のOL(私です)にとって魔法の響き。豪華で華やかでこれぞあこがれの世界のリゾートという印象です。まあ実際にはリゾートには泊まっていないので何とも言えませんが、エルニドの島々はとても魅力的で、切り立った崖が美しく、ほとんどの島の淵は黒い崖なのにその足元には真っ白い砂浜があるというのが言葉につくせぬほどの美しさです。
ニライでは1日アイランドほっぴんぐツアーに行ったり、1日ダイビングに行ったりとエルニドを堪能しました。ラグーンのエメラルドグリーンに感動したり、見上げる崖の高さに圧倒されたりしました。ツアー中の移動はバンカーボートで、上陸するたびに確実に濡れるのが難点ですが、狭い水路に入って行ったり、ランチのために浜に上陸したりとなかなか絵になる働きをしていました。
エルニド村よりもミニロック島やエンタローラ島は人の住める場所(平地)が少ないせいか、より一層崖が素晴らしくて、浜が美しくて、神秘的でした。
もう数日この美しい島々の中にいようと思っていたのですが、今週末には天気がエルニド側で崩れるとの予報。同じ湾にアンカリングしているヨットたちはみんな一斉にわらわらと避難体制です。ニライでもご多分に漏れずに逃げの方針。明日には北のブスアンガ諸島に向かって出航することになるでしょう。さて、行った先がここくらいよい泊地だといいのですが…。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。