スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月13日~15日 高雄・台南観光

バドさんが「この週末、所用で車で高雄に行くけれど一緒に乗ってゆくか?」と誘ってくださったので、わーい、と大喜びで付いていきました。バドさんの所用は台湾ヨット協会のディンギーレースのお手伝いで、台湾ヨット協会の人たちが泊まっているホテルに私たちも安く泊めさせてもらいました。ラッキー。
で、高雄と台南を観光してきました。
高雄は大都市で商業港で日本でいう大阪みたいな街だそうです。最近出来た地下鉄があって、きれいで早くて簡単で観光にはとても便利。古いイギリスの商館や灯台や砲台を眺め、港の周りを歩き回り、高雄のヨット桟橋で中国語をしゃべるチェコ人のヨット乗りとおしゃべりをし、夜市で美味しいものを食べ歩き、ホテルでバスタブとテレビとクーラーの贅沢生活。
takao1
旗津フェリーと高雄マリーナ

takao2
狭い狭い高雄港の入り口を通る大型船

takao3
中国語訳の森見登美彦と松村栄子が並ぶ本屋は気に入った

台南は古い歴史があり日本なら京都みないな街だそうです。高雄から新幹線(台湾でもそう呼びます)も走っていますが、快適な急行で30分と楽ちん。鄭成功の故地、安平地区の古い街並み、オランダの要塞や古い洋館やガジュマルの根に飲み込まれた家(樹屋)を眺めながら散策し、台南駅のそばをうろうろして楼閣や廟を眺め、台南名物の麺を食べてきました。大満足の二日間。
takao5
アンコールワットに非ず安平樹屋

バドさんの車は帰り道に東港に寄り、川の中のヨットクラブ(ディンギーとウィンドサーフィンとカヌーのクラブ)を案内してくれました。川の入り口の橋が開くのでヨットも使用可能だそうです。つい前日日本人のヨット乗りが、マレーシアに船を置いているけれど参考のために見に来たと言っていました。マレーシアの日本人ヨット乗りはたくさん知っているけれど誰だろう。
kanada1
川辺のヨットクラブでコーヒーを飲む

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。