スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月10日 沖縄本島宜野湾到着

5月7日 晴れ 昨晩大ご馳走のお別れ会をしてくれたバドさんが、さらにたくさんの粽を手土産に見送りに来てくれる。コーストガードから出航書類を受け取り、午前10時半に台湾の墾丁を出航。日本への最終レグは石垣に停まらず沖縄本島へ直行の480マイルの航海です。出航直後に1時間ずらして日本時間に合わせる。弱い北東の風で機帆走。台湾最南端はバシー海峡と太平洋の波がぶつかり合ってものすごい潮目。バシャバシャ。潮目を抜けるととても平らな海になって、追い潮もあり快調にとばす。正午位置21.54N 120.52E
5月8日 晴れ時々曇り 南南東の風8-12ノット。はっきり黒潮に乗るまではとエンジンはかけ続けたまま追ってで走る。黒潮どころか反流に阻まれ黒潮や~いと探しながら走り続けること丸一日。海は平らで久しぶりに夜光虫をたくさん見る。雲が多くて南十字星が見えない。そろそろ最後の機会なのに…。正午位置 23.23N 122.51E
5月9日 曇り ようやく黒潮にも乗り、南西の風15ノットと絶好の渡海日和。と思っていたら夕方前には北の風に回ってしまう。もっとしばらくは西の風が吹くはずだったのに、予報よりも早いじゃん。正午位置 24.35N 125.37E
5月10日 曇り 明け方前には風が真正面に回ってしまって走らなくなる。エンジンで押して頑張って北上。7時半にランドホー(陸地視認)!沖縄本島は雲の中だったので日本で最初に見えた陸地はケラマ諸島のどこかというマイナー所になりました。夕方4時前に宜野湾マリーナのビジター桟橋(26.17N 127.44E)に黄色いQ旗を上げて横付け。
30分もしないうちに検疫と税関がやってきて、書類をたくさん書いて手続き終了。(海上保安庁には事前に台湾から入港書類を送付済み。)入国は明日自分たちで嘉手納まで出向いて行って行うことになる。
ニライでは、船検をここ沖縄で受けなければならないので、しばらく宜野湾マリーナに滞在予定です。
7年ぶりの日本。ヨットニライ乗船浅生重捷と浅生梨里、ただいま無事帰ってまいりました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。