スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月13日 再会再会また再会

宜野湾マリーナで次々懐かしい顔に巡り合いました。
再会その1・元与那国島のダイビングショップの谷口さん。
taniguchi
宜野湾マリーナに着岸して、検疫官より先に船にやってきて声をかけてくれたのが、懐かしい谷口さん。新しいヨットがやって来たので見に来たら私が顔を出したのでびっくりしたそうですが、びっくりしたのはこちらも同じで、与那国島ならいざ知らず、ここは沖縄本島ですよ。なんでこんな所にいるんですか?…ヨットをこのマリーナに置いてあり、時々やってきているそうです。明日には与那国に帰るとのこと。うわーラッキーな偶然。まだ検疫その他の手続きが済んでいなかったので、その時は船外で立ち話だけでしたが、その夜はニライにて世界各地のヨット話で盛り上がりました。フィリピン・ボンボノンのヨット「フォースエイト」のデイブとサンディは何度も与那国にやって来たのでよく知っているとのこと。ヨット界は狭い!

再会その2・元奄美大島のダイビングインストラクターの浩之さん。
hiroyuki
今は沖縄本島にいると知っていたので連絡を取ると、ちょうど宜野湾に用事が有るとのことで、ニライを訪ねてくれて、うわー久しぶり。世界のダイビング話でこれまた盛り上がりました。

再会その3・沖縄ヨット乗りの山下さん。
yamashita
20年も前にラッキーレディーで沖縄レースに参加した浅生さん。その時に一緒に乗っていた山下さんは、この宜野湾マリーナでヨットに乗っています。船検の関係で教えてほしいことが有ったので連絡したら、これまたニライに会いに来てくれました。やっぱり世界のヨット話に花が咲き、いやー懐かしい。とはいうものの20年ぶりとはとても思えません。

再会番外・「META」
どんなヨットがいるのかと、巨大な宜野湾マリーナの中を散策していたら、あら見たことのある船が居る。6年前にカリブ海のカルタヘナで会った日本語ペラペラのオランダ人エリックの乗艇「META」。この1年くらいここに置いてあって、エリックはたまにやってくるそうですが、残念ながら今は帰国中。6年前にはエリックのヨットで天ぷらパーティをした(私たちではなく、彼が作ってくれた。あはは。)んだよなぁ。いと懐かし。
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。