スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月27日 台湾の写真と沖縄観光

台湾の写真をピカサのアルバムに入れました。目次のアドレスはプロフィール欄の一番下にあります。興味とお暇のある人、のぞいてみてください。

shurijyou
この数日何をしていたのかというと、梅雨の晴れ間が続いたので、ちょっと観光してました。那覇観光(首里城・玉陵・国際通り・牧志公設市場)に行ったり、沖縄本島南部観光(久高島・斉場御嶽・玉泉洞・平和の礎)に行ったり。また、知り合いのヨットで久米島レースに参加したり(浅生さん)、博物館や美術館に行って「土門拳展」や「紅型展」を見たり(私)。

ニライの船名は「ニライカナイ」から採ったのですが、にらいかないって何ですかというのがわりと普通の反応。「ニライカナイ」というのは沖縄の言葉で「海のかなたにある理想郷、もしくは神様の国」みたいな意味です。沖縄の神話で神様は東の海の彼方からやって来て久高島に初めて上陸し、その後沖縄本島に渡ってきました。その久高島を望むのが斉場御嶽で沖縄の御嶽の中で最も格式の高い御嶽です。(もっと詳しく知りたい人は案内書がたくさんあるので読んでください。)で、久高島や斉場御嶽の周辺には、ニライ橋とか民宿ニライとか食堂ニライとかがたくさんあります。私たちとしては行ってみないわけにはいきません。
ニライ橋とカナイ橋から眺める海は絶景。
久高島はさすが神の島。静けさと、海の青さと、島の自然の美しさが神々しさを感じさせました。小さな集落は昔の風情を残していて何処か懐かしく、12年ごとの秘祭イザイホーの舞台は、説明されなければ普通の広場として静かな佇まいでした。(すでに祭りが途切れてしまっていると知っているので、何か物悲しく思えましたが。)個人的にはイシキ浜がうれしかった。説明文の「ニライカナイからの来訪神が島に訪れるときに船が停泊するとされる場所」というのがいいじゃありませんか。実際の浜は沖をリーフが覆っていてとても船が入ってこられるような場所ではありませんが…。でも神様の港らしいかな。
ishikihama

斉場御嶽の巨大な三角岩は写真で知っていても、実際にその場に立つと鳥肌が立つような感じで、ここなら神様も降りてくるだろうと思えました。私たちも航海中に読みましたが「テンペスト」が流行ったので、昔はほとんど人のやってこなかったこの場所に、「パワースポットめぐり」として観光バスがやってくるそうです。嬉しいようなでも悲しいような。
seefaautaki

平和の礎はやっぱり胸が痛くなりました。あまりにも石碑がたくさんたくさんありすぎて…。ちょうど修学旅行生たちが礎の前で「サトウキビ畑」を合唱する場面に遭遇しましたが、天国みたいな島で地獄の苦しみがあったことを実感できる修学旅行は、心に残ることでしょう。
heiwanoishiji
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。