スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月29日 加計呂麻島・生間

古仁屋の町で知り合った龍さんが勧めてくれたので、古仁屋対岸、加計呂麻島の生間という漁港にやってきました。フェリー桟橋の奥、地元船の並ぶ小さな港の出入り口近くの岸壁に抱いてます。(28.06N 129.19E)大島海峡を挟んで古仁屋が見えますが、ここから見ると古仁屋はまるで大都会。生間はフェリーはやってくるものの、とっても小さな集落です。
歩いて20分ほどで島の南側諸鈍集落に行くことができます。平家の落人伝説が残り、伝統芸能諸鈍シバヤの残る古い集落で、「寅さん」の最終作をとったロケ地。最後のマドンナリリーさんの住んでいた場所です。ここはやはり名前が似ているので出かけてみないわけにはいきません。デイゴの古木が並ぶ美しい浜は、ひっそりとゆっくりと時間が流れ、眠ったような集落にはおじいとおばあが何人かのんびり暮らしていました。
午後には横に沖縄宜野湾で一緒だった四宮さんの「ゆうゆう丸」を横抱きにしました。
加計呂麻は静かで美しい良い所ですが、出会った人がもっと良かった。
前述の龍さん一家(素晴らしいヨット一家で大感激!)がお昼に案内してくれたペンションホライゾンのテルさんは、これまた古強者の海の男で、みんなして夜にはニライで大宴会。奄美大島の端っこで世界中古今東西の海の話に花が咲く。素晴らしい。
というわけで奄美大島を楽しんでいます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。