スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月8日 大忙しで大満足の種子島

朝7時過ぎに「ゆうゆう丸」と一緒に屋久島から種子島に向かって出港。南西の風15ノット前後で快適でな追手の帆走。ニライとしては早いなぁと思う6ノット超のスピードで走っているのにヤマハ30「ゆうゆう丸」において行かれる。うーむ。絶対エンジンもかけているんだ、そうじゃなきゃ困る、とブツブツブツ…。(やっぱりエンジンも併用していたそうです)
昨日引っ張り出してスライダーを取り付けて取り替えた古い古いメインセールはなかなかちゃんとしています。リーチが伸びきってはいるもののさすがノースセール。
種子島から屋久島に向かう途中の客船「にっぽん丸」とすれ違う。乗客は朝食の最中らしく誰も手を振ってくれない…。
12時半ごろ種子島の岸壁に到着。30.44N 130.59E。月に2度ほどタンカーが着岸する岸壁でそれ以外の日には横付け可能とのこと。

種子島と言えばロケット打ち上げセンターです。どうしても見学に行かなくてはなりません(きっぱり)。でも明日は月曜日で休館日です。しょうがないので、着いたそうそうレンタカーを借りて一路島の南端まで。
で、たどり着いた宇宙センターはものすごくきれいな場所でびっくり。芝生が広々と緑で海が青く輝き、世界一美しいロケット打ち上げセンターというのは本当だと思いました。展示場では浅生さんはエンジンや機体の説明を読みふけり、私は「かぐや」の撮った月面のハイビジョン映像にクギ付け。ガイド付きの見学ツアーの最終回にもちゃんと間に合いました。ただし、打ち上げが近いので大型ロケット発射場には入れませんでしたが。ガイドさんが説明してくれてHⅡA-7号機(打ち上げられなかったので現存している)をじっくり見られて判りやすくて感激。指令室にも行ってきました。あー、おもしろかった。ちなみにロケット打ち上げセンターの写真を見たときロケット発射台だと思っていた赤と白の鉄塔は、ロケットを雷から守るための避雷針だとわかってびっくり。
そのあと、河内温泉センターでさっぱりし、神秘的な大洞窟・千座の岩や、ちょうど注連縄に夕日が沈む絶好のタイミングで雄龍・雌龍の岩をみて種子島を満喫。
大忙しで大満足の種子島の一日でした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。