スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月24日から25日 曇り インドネシアラリースタート

 7月24日は、ターウィンセーリングクラブで無料の朝食が出ます。といってもマフィンにコーヒーとジュースという簡単なものですが、でも特筆すべきことは、希望者にはシャンパンのサービスつきということ! 太っ腹というかおしゃれ。特にフランス人たちが大喜び。もちろん日本人も。
 スタートは11時。レースではないのですが、一応スタートラインがあります。といってもこれもいい加減で、エンジンを使ってもOKだし、違う時間に違う場所から出てもなんの問題もありません。早朝が引き潮であったため、
10隻以上のヨットがさっさと汐に乗って出て行ってしまいました。(汐がとっても大きいので気持ちはわかりますが)せっかく観客もやってくるのに残念。浅生さん曰く(つまらない連中だ、皆でスタートするほうがよっぽど楽しいのに)で、11時スタートはきっちりラインからちょうどの時間に出ました。110隻、スターティングヘルムスマンは浅生さん。ちょっと艇の風が……  とっても華やか。なんといっても110隻ものヨットが参加するのですから。こんなふうに集団で帆走するのはとっても久しぶり。日暮れまでいつまでもたくさんのヨットが見えていました。それにしてもたくさん抜かれたなあ。
 
 7月25日の朝は、見える範囲に航海灯が7つ。にぎやかな海。東風が20ノット前後と上がってきて、波がとっても悪く2ポンまでリーフを入れる。大谷さんはやっぱり、私も少し酔い、浅生さんの辞書には船酔いという単語はないので相変わらず元気。

正午位置 10:44S 129.50E
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。