スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/25.....8/28 晴れ インドネシア フローレス島にて

静かな泊地にいきたいヨーということで、30マイル離れた無人島、ギリ、ボドへ向かう。
静かで白い砂浜と綺麗な珊瑚の浅瀬と緑の草原のような丘のあるすばらしい泊地(08,22S 120,01E)
他に誰も居なかったので久しぶりに静かさを満喫。
シュノケーリング(小さな珊瑚が元気でとっても綺麗)とキャンプファイヤー(オジサンたちは火遊び好き)で最高の一日
あまり居心地が良いのでもう一日滞在を延期。
8/26には2隻ヨットがやってきたので一緒に夕暮れのキャンプファイヤーとビールを楽しむ、皆都会と寄ってくる子供達に疲れていて〔こうゆう所に来たかったのだ!〕と口々に云い合う。
8/27にはそろそろどうしても補給が必要なのでラブアンバジョへ向かう。中心地から離れた南のリゾートの前にヨットが停泊しているものの買出しに不便そうなのでニライは街の真ん中の泊地{08.29S 119.52E}に錨泊
大小たくさんのボートが通る賑やかな場所。2日かけて燃料と水の積み込み、食料と日用品の買出しを終える。
ここはヨット乗り以外の西洋人観光客がたくさん居るので、珍しがって寄ってくる子供はいず、代わりに土産売りが寄ってくる。夕食を食べに街に行っている間にテンダーの中から小さな燃料容れとビーチサンダルを持って行かれてしまった。艇にもテンダーにも鍵をかけてあったので被害はとっても少なくすんで笑い話ですが、東南アジアの賑やかな街で外に物を出しっぱなしておいてはいけませんと云う事です。あたりまえですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。