スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月11日から13日 ロンボク島メダナベイ

10日がラマダン明けだったので、モスクがあっても夜中が静かで、この1ヶ月の賑やかさから比べると天国。
そのうえ、ここには水だけど公共のシャワーがあってうれしい限り。近くのレストランがきれいで、インターネットが繋がり、英語の上手いラリーの世話役とその息子がいて、観光その他いろいろ相談に乗ってくれる。ヨッティーたちの評判が上々の泊地。
ロンボクの一日観光に、「サッスーン」のデイビッドとメリンダと一緒に運転手つきの車をかりて出かける。村では馬車が主役、町では馬車は脇役になるもののまだまだ健在、ものすごい数のバイクと強気でなければ運転なんて出来無そうな車の列の中でもパカパカ走っている。すごいなぁ。これは運転手つきの車でよかった。自力の運転なんてとてもこわくてできそうにありません。とても礼儀正しい猿達がいる森と織物の村とが楽しくて、ササッ族の伝統的住居が並ぶ村が美しかった。ロンボクってもっと小さな島かと思っていたけれどずいぶん大きいんだな。北の方の高原地帯は美しそうだけど、リンジャニ山に行くには時間も体力も足りないので残念ながら諦めました。
ラリーの行事に向けてどんどんヨットが集まってくる。私たちの後は岸近くのブイしか空いてなくて大きなヨットは泊まれず、ほとんどがブイ泊まりではなくアンカーになる。
バリ島にヨット乗りの友人たちが遊びに来るので、その日程にあわせてニライはちょっと先にバリ島に向かうことにします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。