スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月15日~18日 晴れ時々雨 バリ島

 到着時に思ったバリマリーナよりスランガンだと安いから泊まれてよかった、などというのはバリでの日々が始まる前の考えで、それどころではありません。スランガンマリンサービス(泊地の目の前のダイビングショップ)の三木さんにお世話になりっぱなし。スランガンに泊まることにして本当によかった!!
 三木さんはダイビングショップのほかにツアー会社(ウキウキツアー)も日本食レストラン(桜)も経営しているすごい女性。鳥毛さんの知り合いだというだけの私たちにとても親切にしてくださり、シャワーも、コーヒーも、日本食のお弁当もどうぞどうぞと言ってくださり、お客さんが潜りに行った後のダイビングショップを我が物顔に使わせてもらうことに。詳しくはもっともっとお世話になりっぱなしだったのですが…後略。私たちの旅の話を楽しそうに聞いてくれ、沢山楽しくおしゃべりして、まるで旧友との再会のように暖かく歓迎してくれて、本当に本当に大感謝です!
 本当に旧友との再会になった鳥毛さんにも沢山沢山お世話になりました。バリに遊びに来ていた熱海のヨット仲間羽部さん一行(大量の文庫本とヨットの部品、その上お酒まで持ってきてくださいました。皆様のお話はとても楽しく、70代で小学校時代からの付き合いの旧友達と海外旅行が出来るというのは素晴らしいことだなとうらやましく思いました。)も鳥毛さんとは旧知の仲なので、みんなして鳥毛さんの居心地の良い家(ガラス工房隣接、素晴らしい作品にあふれています。その上、可愛い犬にも猫にもあふれています)で、飲んだり食べたりしゃべったり、ウブドゥのケチャダンスを観に連れて行ってもらったり(直前までの大雨でどうなることかと思っていたけれど、上演中は雨も降らず、素晴らしいダンスを目の前で堪能。さすがバリ!というパフォーマンスに大感激)、クーラーつきのお部屋に泊めてもらったり、日本食材店に連れて行ってもらったり、美味しい中華料理屋さんに連れて行ってもらったり。こんなにお世話になりっぱなしでよいのかしら。これまた詳しくはもっともっとお世話になったのですが、後略…。
 せっかくスランガンマリンサービスの目の前に泊まっているし、レンボガン島のダイビングはマンタ・マンボウが売りとの言葉に引かれて、1日だけダイビングをする。したら、マンボウこそ現れませんでしたが、マンタの優雅な飛翔に子マンタの乱舞にブラックマンタまで現れるという素晴らしい海で感激したのですが、それよりも!その日の最大の驚きは別にありました。23年前にダイビングのライセンスを取ったときに一緒に潜ったバディと偶然の再会。その後いろいろあってもう何年も会ったことの無かった彼女と、まさか1日だけ潜ったバリの海で出会えるとは、まさに運命の神様のお引き合わせ。さすが、神様達の住む島バリのダイビングショップにはやっぱり神様がいるみたい。
 この泊地のブイなら安全なので、ここから飛行機でボロブドゥール観光に行きたいということになって、三木さんのツアー会社にチケットを取ってもらう。明日からジョグジャカルタ1泊2日ツアーに、行ってきます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。