スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月19日~20日 曇り時々雨 ジャワ島観光

 バリ島から早朝の飛行機でジョグジャカルタへ飛ぶ。1泊2日の観光旅行(わーい)。
 プランバナン(ヒンドゥ遺跡)観光-ジョグジャカルタ王宮観光-ボロブドゥール安宿泊-ボロブドゥール(仏教遺跡)観光-ジョグジャカルタ市内観光-夕食後飛行機でバリへ戻るという朝から晩まで忙しい日程。
 なにしろ行く前が大変。真夜中過ぎから強風と大雨、大荒れの天候で、こんななか行けるのかしらと心配になる。でもニライは運が強いので、早朝には雨も風も弱まってきて、出発するころにはどちらも小康状態。ラッキー!(私たちの出発後、翌日帰宅する直前まで、バリでは大荒れの天候が続いたそうです。)
 飛行場や街中で、たくさんあるタクシー観光の誘いを断り、途中の移動はすべて公共のバスか徒歩というのはなかなかハード(暑い日中にクーラーの無いガタゴト長距離バスと、クーラーはあるけれどムチャ混みのトランスジョグジャバス)だけど、現地の人たちの表情が見られて楽しいともいう(というか、とにかく安いし…)。
 ジョグジャの王宮で王宮そのものよりずっと印象的だったのは、衛士たちのいでたち。サロンを巻いて腰帯に刀を差した衛士がたくさんいるのですが、そのサロンがみんなとってもきれいなバテッィク。飾ってある芸術品ではなくて日常生活の中に生きている芸術品。きれいだなぁ、と感心して、市内のバティック屋さんをのぞいてみたのですが、あまりにもたくさんありすぎて、しかもそういう店があまりにもたくさん並んでいすぎて、その迫力にめげました。とてもこの中から1枚は選べない。私つくづく買い物に向かないなぁ。
 ボロブドゥールに泊まるということは、朝一番に入場できるということ。別料金で日の出ツアーというのも在るのですが、毎日4時起きじゃあたまらないと、普通に開門の6時(それでも6時に開くんですよ!)過ぎに入場しました。午前中の早いうちは、涼しくて人も少なくてとってもグッド。
 プランバナンもボロブドゥールも有名な世界遺産で、たくさん観光案内があるので今更いうまでもありませんが、とにかく素晴らしい。それぞれ巨大さもさることながら、なんといっても精密な彫刻が圧倒的。歩いても歩いても歩いても緻密な浮き彫りの石の森また石の森。実際に歩いてみるとこんなに大きいのかと感心し、宗教的な情熱というのはすごいなぁとひたすら呆然。それにしても膨大な石の山を一つ一つ修復した努力には頭が下がります。いにしえにこの寺院を造った人たちも偉いし近年この遺跡を治した人たちのやっぱり偉い!顔を近づけてじっくり観賞してもよし、ちょっと離れたところから見る遺跡全体の姿もまた美しい。とにかくじっくり歩き回って、それぞれ存分に堪能し、はっきり言ってくたびれました。
 それにしても、行ってよかった。盛りだくさんで大満足。
 相談したらすぐ飛行機のチケットを取ってくれて、飛行場への送迎も手配してくれた三木さん、ありがとう。おかげさまでとっても楽しく旅行が出来ました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。