スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月28・29日 曇り やじ馬ツアー(命名稲葉さん)合流

 ジョージタウンの旧市街はマラッカとあわせて世界遺産になっています。中華街の町並みはクラシックでごちゃごちゃで興味深いですが、マラッカの方がきれいで観光客向けかな。でも町の中に忽然とあらわせるインド人街は色彩の坩堝。一方イギリスの植民地建築群は美しくかつての栄光を感じさせます。
 そのジョージタウンに熱海からやじ馬ツアー(命名稲葉さん)が合流しました。羽部さん、湯原さん、河島さんの3名は、ニライに稲葉さんたちが乗船している日程に合わせて、ペナン・ランカウイ両島にわざわざホテル泊のツアーでやってきたのです。ご苦労様です。その上、文庫本や食料をたくさん有難うございます。
 マレーシアラリーの観光バスに乗ってシップヤードに行ったり、豪華な中華マンションを見学したり。(後半部分の観光と夕食会は人数が多いのでパス)
 大谷さんに紹介してもらったペナン在住のヨット乗り、ビル・ハンセンさんと連絡を取り、色々アドバイスを受けたり。
 7人の侍ならぬ7人の飲んだくれ(?)は、北に美味しい海鮮料理屋があると聞けば行って飲んだり食べたりし、東に美味しい鍋(スティームポート)屋があると聞けば行って飲んだり食べたりし、西で肉骨茶(バクテ)の味見をし、南でフィッシュヘッドカレーに耽溺するというペナン島食い倒れ(飲み倒れ?)の日々。飲茶を食べ損ねたのが心残り。
 ちなみにタンジュンシティマリーナにお泊りのさいは、金曜土曜の週末の夜は避けられる方が賢明かと。近くにディスコシップが停泊し夜明けまで大音響が響き渡ります(泣)。またクラブルームにはすわり心地のよい籐椅子があり、クーラーが聞いていて至極極楽。暑さにうだったヨット乗りがごろごろ涼んでいます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。