スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サースデイアイランド(木曜島)にて

6月14日~17日 晴れ
 月曜日でも本日は休日。クイーンズバースデーだって!エリザベス女王陛下、お誕生日おめでとうございます。How old are you? とにかくただでさえ高いオーストラリアの検疫にこれまた高い時間外手数料を追加することはないと、14日も入国手続きは延期して上陸はせず、船内の整備と掃除をしてのんびり。
 15日に入国手続きを無事終了(生鮮食料やごみについては厳しいけれど、船内チェックは割りとおざなり)、ようやく上陸できます。ホーン島では、フェリー桟橋にテンダーをもやえるので楽珍な上陸が出来る。この島には小さなスーパー(?)とホテルのバーがあって、そこでインターネットも出来ます。
 フェリーに乗って木曜島まで出かける。税関でクルージングパーミットをもらって、町の探索と、外食と買い物。オーストラリア最北端の町だけど、まあ、村といってよいでしょう。白人より褐色の肌の、でもアボリジニではなくてメラネシア人のほうが断然多い。
 この泊地(10.36S 142.15E)は浅瀬と島に挟まれた場所で潮の流れがとても速い。まるで河のよう。アンカリングをしていて、風が15ノット以上吹いているのに、ほとんどの時間は横からの風を受けてヒールするくらい。
 このあたりには、海亀とジュゴンが生息していて、さらに運が良ければ(悪ければ?)クロコダイルも見られるというクロコダイルダンディな土地です。
 天気を見てダーウィンに向かうのだけど、このあたりからダーウィンにかけてはいつも風が強いのが浅生さんの悩みのたね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。