スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月14日~24日 ペナン島ペンマリンでの日々

ペンマリンに上架してから約10日。
ペンマリンはペナン島の南部で、もちろん近くにも村がありますが、ジョージタウンまではタクシーで30分、普通のバスで2時間!、急行バスに乗り換えればなんとか1時間半くらいに短縮できる、というなかなかに不便なところです。が何度かやれば何事にも慣れるものです。買物(嬉しいことにペナンにはジャスコがあるので日本食材には不自由しません。)や町での用事はイベントとして、ヤードでの生活の良いアクセントになります。また、ペナン在住のヨット乗りビル・ハンセン氏を大谷さんが紹介してくれたので、時には彼に車で連れ出してもらえます。まったくありがたいことです。
大きな修理がなく船底の再塗装がメインのヨットたちはクリスマスを海に戻ってすごそうとかなりがんばって仕事を終わらせて、嬉しそうに海に戻ってゆきました。エンジンの部品待ちやオズモシス対策をしている船は、どうせ長期戦だとあきらめて割りとゆっくり仕事をしているか、まったく船内で退屈した日々を送っているか。
ではニライでは何をしているかというと…。
・船底塗装のためのサンディング。
・ハル塗装(さすがにプロがやります)のための下準備。
・古いレーダーの取り外しと新しいレーダーの取り付けのための準備作業。マストの中のラインの通しなおしが、ガイドラインが落下してしまったので(浅生さんのドジです)大変でした。なんとかマストのラインは取り替えました。まだ本体までのラインは通していません。どこの天井をはぐるかどの壁の奥を通すか考慮中(どっちにしても面倒くさい仕事です。)。
・トイレを取り外し、取り付け部の付属品交換。
・いろんな見積もりを取ったり、値下げ交渉をしたり、ヤードの仕事に文句を言ったり…。
というようなところです。ハルの塗装は準備から仕上げまで、雨も勘定に入れると約1ヶ月かかるそうです。1月下旬に日本に飛行機で一時(一ヶ月ほど)帰国しますが、それまでに本当にちゃんと終わるかな。毎日短時間とはいえ必ず雨が降るのでチョット心配。いない間にやっておいてもらうというのももちろんアリなのですが、誰に聞いても、ちゃんと自分でチェックしたほうが良いといいます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。