スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月2日 マレーシアに戻って一週間

予定外に3ヶ月に亘った日本への一時帰国から、4月25日にマレーシアに戻りました。ペナン島ペンマリンのシップヤードでニライは大人しく待っていました。ハルの塗装は終了しとてもキレイになっていました。船底の塗装は水に降ろす直前にします。
戻ってから最初の数日は暑さに体が慣れずに、暑いよ~と呆然としていました。また、以前より蚊が多いような気がして夜中に痒いよ~とやっぱり呆然とする。呆然としていても仕事は進まないので、この数日はようやくしっかり働き始めました。
塗装のためにはずしてあったウィンドベーンを取り付け、テントの繕いを縫い、ハルにワックスをかけ、プロパンを充填し(近くのフランス艇から特殊ホースを借り、地元のタンクから自分たちで充填したのは、聞いたことはあっても始めての体験でした。)、明り取りからの水漏れをシールドし、冷蔵庫のヒューズが飛んだのを取り替え、となかなか頑張っています。
日本に戻る前からの懸案だったレーダーとバッテリーがやっぱり問題で、レーダーはプロがやってきて見てくれるのを待っています。いつになるかな。レーダーが上手くいったら船底を塗装して海に戻る予定です。バッテリーはランカウイに行って買う事にしました。シップヤードでは外部電力が取れるのでその間の充電は問題ありません。
今ペンマリンには、私たちのほかに「ワンダラスト」という日本艇が上架してオズモシス対策をしています。東山夫妻にはジョホールバールで一度お会いしたことがあったのですが、今回ここで再会できるとは思っていなかったので嬉しい驚きです。ペナンにヨット「UFO」を置いている小畑さんも、日本から戻ってきていて時々バイクに乗って現れます。というわけで、日本人ヨット乗りがたくさんで日本語が飛び交っているという、この6年近くの間で珍しい状況。さすがアジアは日本から近いなぁ。


自力でやるプロパンの充填。プロパンは液体だから金具が合えばこうやって移せる
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。