スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月22日から26日 パンガー湾クルーズ

のんびりとパンガー湾の神秘的な景観と静けさを堪能してきました。
007シリーズの中で秘密基地として使われた島があることで有名なパンガー湾。神秘的な緑色の静かな海に、石灰岩の巨岩・奇岩がごろごろしている、いかにも絵になる所。プーケットやクラビーから日帰りでたくさんの観光客がやって来ますが、それはほんの一部にしかも昼間しか現れないので、ヨットで巡ると特に夕方から午前中の早い時間には、とっても秘境に来た感じ。
テンダーで巨大な崖の真下まで行くと、オーバーハングしたところに鍾乳石が垂れ下がっていて、見上げる崖はあくまでも高く、蝙蝠から鷲までいろんな鳥が飛び交っています。海中から巨岩がそそり立っている場所は、えてして水深がとても深いものですが、パンガー湾はさにあらず。海図を見ると頭の痛くなるような浅い海です。何箇所かアンカリングの出来る場所があって、そこも大体3-5mの泥地です。
ニライでは今回3箇所にアンカー。
Ko Hongの南側の浅瀬(08.13N 098.30E)。昼間は観光モーターボートが次々にやってきて、カヤックを降ろししばらく岩の隙間を漕ぎまわっては帰ってゆく賑やかな場所。意図したわけではないのですが観光ポイントだったみたい。島の間の通路に面しているので、漁船も含めてたくさんの船が通ったのですが、夕方から早朝にかけてはニライだけになり、降るように聞こえるせみの声と鳥の声と神秘的な眺めだけを堪能できるステキな泊地。浅生さんは風の吹きっさらしに居るようでちょっと気に入らなかったようですが、私としてはもしドラッグしてもぶつかる物がなさそうで安心の泊地でした。
Ko daeng yai の東側(08.17N 098.29E)。パンガー湾の観光名所ジェームズボンドロックに程近い崖の真下。ジェームズボンドロックの混雑と絶景を眺めながらここにいるのはニライだけという贅沢。夜の星の多さも感激物。遠くに明かりが一つだけ見えるような、という秘境故の贅沢でした。ロングテールの夫婦舟の漁船がやって来て、海老だの蟹だのを買わないかと訊ねてくる。海老を買って塩茹で。美味。あまりにも崖の真下なので、海方向から風が吹くとちょっと居心地が悪い感じ。ただし固い泥だったのでアンカーの効きはすごく良かった。
Ko Yao noi の北東端(08.10N 098.38E)。プーケットとクラビーの間にある大きな島の北側の方。島自体は奇岩ではなく、浜には椰子の木もこじんまりした隠れ処リゾートもあり、ヨットも停泊している。ただし水平線(?)の眺めはでこぼこ奇岩が林立していて、いと不思議。海水も深緑から濃青系に変わって、神秘的な泊地から居心地の良い泊地に変化。

数日ぶりに帰ってきたシャロン湾は、相変わらずヨットが多く、神仙の国から人間の国に戻った実感。いやー、それにしても眺めの好いクルーズでした。さすがパンガー湾、絶景かな絶景かな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。